ApeX pro

【ApeX Protocol】 デポジットのやり方を丁寧に解説!初心者でもできます。

2022年12月15日

悩んでいる人
Apex Protocolのデポジットのやり方を教えてほしい!

Apex Protocolでは、入金ではなく、デポジットを行い、資金をウォレットからApex Protocolの残高へ移す必要があります。

メタマスクなどのウォレットからApex Protocolの残高へ資金を移すことをデポジットといいます。

※デポジットの本来の意味とは異なります。

本記事の内容

  • 資金を移す大まかな流れ
  • デポジットを行う前の準備
  • Apex Protocolのデポジット方法

Apex Protocolの初期設定が終わったら、取引を始めるためにデポジットを行いましょう。

デポジットは簡単にできますが、選択したチェーンによっては手数料が割高になることもあります。

今回は、できるだけ低い手数料で行うApex Protocolのデポジットのやり方について解説します。

Apex Protocolの初期設定がまだ終わっていない方▼

【ApeX protocol】 招待コードや始め方を詳しく紹介!注目の新しい分散型取引所。

続きを見る

すでにウォレット(MetaMask)を持っていて資金がある方は「Apex Protocolデポジットのやり方」から始めてください。

話題のDEX

いま最も勢いのある取引所「ApeX Protocol」について

▶︎【ApeX protocol】 招待コードや始め方を詳しく紹介!

  • 登録手続き&本人確認不要
  • 必要なのはウォレットのみ
  • 取引や注文における高い処理性能
  • 高いセキュリティとプライバシー
  • 使い慣れたインターフェース

ゼロから行う場合の大まかな流れ

ゼロからApex Protocolで取引を始める場合

  • 国内取引所(bitbank)のアカウント作成・通貨の購入
  • 海外取引所(Bybit)のアカウント作成
  • 国内取引所(bitbank)から海外取引所(Bybit)への送金
  • ウォレット(MetaMask)の準備
  • 海外取引所(Bybit)からウォレット(MetaMask)へ送金

を行う必要があり、デポジットを行うには、ウォレットに資金がある状態にする必要があります。

※()内はオススメの取引所・ウォレットです。

少し手間ですが、手数料を安く抑えるにはBNBチェーンを使用したいため、一度海外取引所を経由する必要があります。

国内取引所からでもメタマスクへの送金は可能ですが、イーサリアムチェーン限定となり、手数料が割高となるため、1回の手続きで数千円も取られてしまいます。

難しい作業はありませんが、工程が多いため、Apex Protocolをゼロから始める方には、時間がかかります。

デポジットを行う前の事前準備

デポジットを行うには、ウォレットに対応通貨を準備しておく必要があります。

チェーンによって対応通貨は異なり、手数料も違うので注意してください。

チェーンごとのデポジット対応通貨

チェーントークン(通貨)
EthereumUSDC
ETH
USDT
DAI
BNB Chain(BSC)USDC
BNB
USDT
BUSD
PolygonUSDC
MATIC
USDT
DAI
Arbitrum OneUSDC
ETH
USDT
WETH

オススメは、BSCチェーンのBNBでデポジットを行う方法です。

手数料が圧倒的に安いため、オススメです。

ゼロからApex Protocolを始める場合の手順

ゼロから始める場合、アカウントの作成や送金を行わないといけません。

以下の手順で行いますが、それぞれの詳しいやり方は別記事にて解説しています。

  1. 国内取引所(bitbank)のアカウント作成・通貨の購入
  2. 海外取引所(Bybit)のアカウント作成
  3. 国内取引所(bitbank)から海外取引所(Bybit)への送金
  4. ウォレット(MetaMask)の準備
  5. 海外取引所(Bybit)からウォレット(MetaMask)へ送金

※国内取引所はbitbank、海外取引所はBybit、ウォレットはMetaMaskを利用します。

1.国内取引所(bitbank)のアカウント作成・通貨の購入

まずは、bitbankでアカウントを作成し、リップル(XRP)を購入します。

※本人確認に時間がかかるため、すぐには取引できません。

参考記事

【オススメ度No.1】ビットバンク(bitbank)の登録から暗号資産購入まで徹底解説!

続きを見る

2.海外取引所(Bybit)のアカウント作成

Bybitのアカウントを作成します。

参考記事

【初心者向け】Bybit(バイビット)の始め方・登録方法をわかりやすく解説

続きを見る

3.国内取引所(bitbank)から海外取引所(Bybit)への送金

bitbankからBybitへリップル(XRP)を送金します。

参考記事

Bybitは日本円で入金できるの?入金方法や入金時の注意点も解説!

続きを見る

4.ウォレット(MetaMask)の準備

まだ、持っていない方はMetaMaskでアカウントを作成します。

アプリ

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

拡張機能(PC)

chrome ウェブストア-MetaMask

5.海外取引所(Bybit)からウォレット(MetaMask)へ送金

Bybitでは、送金したXRPをUSDTに、USDTをBNBに換えます。

(XRPを売却→USDTに、USDTでBNBを購入)

参考記事

【Bybit】現物の買い方・売り方を画像付きで分かりやすく解説

続きを見る

BNBをBybitからMetaMaskへ送金します。

参考記事

【Bybit→メタマスク】送金方法や送金ルールについて詳しく解説!

続きを見る

これで、Apex Protocolのデポジット準備完了です。

Apex Protocolのデポジットのやり方

Apex Protocol-出典元

Apex Protocolのデポジットのやり方について、スマホ(アプリ)とパソコン(サイト)それぞれ解説します。

スマホでのやり方

1.アプリを開き、画面下の赤枠部分をタップ

2.「デポジット」をタップ

3.チェーンとトークンを選択

・チェーン「BNB Chian(BSC)」

・トークン「BNB 」を選択します。

4.金額を入力し「デポジットを確認する」をタップ

※BNBからUSDCにスワップされます。

5.「接続」をタップ

6.「MetaMask」をタップ

7.「接続」をタップ

8.内容を確認し「確認」をタップ

9.完了

これで、デポジットは完了です。

すぐに取引を始めることができます。

PCでのやり方

1.Apex Protocolを開く

2.「デポジット」をクリック

Apex Protocol-出典元

3.チェーンとトークンを選択

・チェーン「BNB Chian(BSC)」

・トークン「BNB 」を選択します。

Apex Protocol-出典元

4.金額を入力し「デポジットを確認する」をクリック

※BNBからUSDCにスワップされます。

Apex Protocol-出典元

5.内容を確認し「確認」をクリック

MetaMask-出典元

6.クリック後、右上に進行状況が表示されます

Apex Protocol-出典元

7.完了

Apex Protocol-出典元

これで、デポジットは完了です。

すぐに取引を始めることができます。

デポジットが終わったら取引を始めよう

デポジットはウォレットは持っている方はすぐにできますが、ゼロから始める方にとっては少し時間がかかってしまいます。

すぐにApex Protocolを利用しない方でも、いつでも取引ができるようにウォレットの準備はしておきましょう

デポジットが終わったら、早速取引を始めましょう。

大手のCEXで使われているインターフェースとほとんど変わらないため、非常に使い勝手が良いです。

-ApeX pro
-, ,