ブログ 役立ち情報

Word Press設定からアドレス、サイトアドレス(URL)を間違えて変更してしまった時の対処法

ブログやサイトを運営している方でWord Pressの設定から間違えて

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

を変更してしまい、以下のような症状が現れた場合に初心者向けに対処法をご説明します。

間違えてサイトのURLを変更してしまった時の症状例

  • WordPressにログインできなくなる
  • サイトの表示がおかしくなる
    • 画像が表示されない
    • サイトのレイアウトが壊れる
  • ページにアクセスできなくなる
    • ページが見つかりませんでした
    • このページは表示できません
  • ページが何も表示されない
  • その他

このような症状が出た場合の原因はダッシュボードの設定からWordPressアドレス(URL)を変更し保存した可能性が高いです。

❗️このようなことが起きないために初心者はあまり設定をいじらないことをオススメします。

今回は直す方法として、ブログやサイト初心者でも簡単にできるデータベースからURLを戻す方法を紹介します。

(エックスサーバーを利用している方のみ対応)

間違えて変更してしまったURLの直し方

大まかな流れ

  1. データベースログインするためのユーザー名とパスワードを調べる
  2. データベースにログインする
  3. WordPressアドレス(URL)またはサイトアドレス(URL)を正しく書き直す

1.データベースログインするためのユーザー名とパスワードを調べる

1、まずエックスサーバーへログインします。

エックスサーバーログインページ

2、「ファイル管理」をクリックします。

3、ご自身のサイトのアドレスをクリックします。

4、ファイルの中から「wp-config.php」を探しクリックします。

5、ファイルを開くとユーザー名とパスワードが表示されているので確認します。

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( 'DB_USER', 'xs760293_wp1' );

/** MySQL データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', '●●●●●●' );

2.データベースにログインする

1、エックスサーバーアカウント画面へ戻ります。「サーバー管理」をクリックします。

2、サーバーパネルが表示されましたら、「phpmyadmin(MySQL5.7)」をクリックします。

3、ログイン画面が表示されますので、先ほど調べたユーザー名とパスワードを入力し「ログイン」をクリックしてください。

これでログイン完了です。

3.Wordpressアドレス(URL)またはサイトアドレス(URL)を正しく書き直す

1、左側に表示されているご自身のユーザー名をクリックします。

2、テーブルの中から「wp_option」を探しクリックします。

3、下記のページが表示されます。

option_nameにある

  • siteurlサイトアドレス(URL)
  • homeWordPressアドレス(URL)

となっています。

元のURLを入力するためそれぞれ「編集」をクリックします。

4、間違えて変更してしまったURLを削除し、元のURLを入力します。その後に「実行」をクリックします。

5、URLの変更の確認

実行」をクリックした後にoption_valueに表示されているURLが正しいものか確認します。

6、その後、ご自身のサイトに戻り通常通りにサイトが戻っているか確認してください。

WordPressの管理画面にログインできない場合

URLを元に戻しても管理画面にログインできないことがあります。

その場合はブラウザのキャッシュを削除すれば直ります。

それでもログインできない場合はWordPress側のキャッシュを削除する必要があります。

さいごに

急にご自身がいままで運営してきたブログやサイトが壊れたりしたら特にまだあまり詳しくないブログ初心者の方は焦りますよね。

でも、焦る必要はないので冷静になって対処してください。

ブログ初心者の方はWordPressの設定を気軽にいじらないことを強くオススメします。

最悪自分だけで対処できずにお金を払って直してもらう必要があるかもしれません。

-ブログ, 役立ち情報
-,